んにちは。愛知豊橋リトルシニアで監督を務めます。橘田 好正(きった よしただ)です。「野球は楽しいものであってほしい」と常に願っています。それをどのように子供たちに伝えるか。子供たちが大きくなって私たちから教わった野球をどう味をつけていくか。よく考えます。

硬式野球も裕福な家庭な子や、上手な子だけが集まるチームでは野球の未来は望めません。高校に行ったら、野球は大半は硬式になりますが上手い子だけしか高校野球はやれませんか?

誰でもできる硬式野球を中学でもできて、中学で培った基礎を高校で応用につなげてほしいと思っています。
小学生の段階でスーパースターである必要もないです。個々の成長もあれば、体の感覚も徐々に成長していきます。小学、中学では無名な選手が、高校に行って変貌してしまうなど珍しいことではありません。それは中学での硬式基礎を覚えることにあるのだと思います。

現在パワーがない子、背の小さい子、足の遅い子、全然問題ありません。必ず上手くなりますので夢をもって挑戦してください。「褒めて伸ばして、叱って伸ばす」。心のバランスを取りながら、指導しています。